第4回ソウル国際ファミリー映画祭レポート

第4回ソウル国際ファミリー映画祭についての記事をまとめてご覧いただけるようにしています。

SIFFF--監督の食事会ーー

11/05/2010 10:45:19

10月29日(金) 19:00

この日はゲスト監督さんが集まっての食事会でした。も-ちろん、ノンアルコールですよ。徹底して偉い!

今日ソウルに到着したという「カラフル」の原恵一監督の姿も。「カラフル」はコンペ作品なので、緊張しますよね。西澤監督、原監督とは、2年前の大阪でのアニメのシンポジウムでパネリストで一緒していて、なんだか、ご縁があるのでしょうか。少しお話しました。

オマケーーーバイキングに出ていたペペロンチーノ、とにかくびっくりするほどの辛さで、一口食べて噴き出してしまいました。やっぱり違うんですね。

SIFFF--いよいよ「8月のシンフォニー」上映!!

11/05/2010 10:46:09

10月30日(土) 運命の日ーー!

今日19:00から「8月のシンフォニー」招待上映 韓国初上映。でもねー。お客さん入ってくれるのかしら?心配です。土曜日、午後7時、ゴールデンタイムといえども、映画祭のことなので、私たち、蓋を開けるまで、ぜんぜん分からないのですもの。

DSCF5686DSCF5687

なーんと。「チケットあと4枚しか残ってないんです」と映画祭のチェ・ジュヨンさん。「えー!」とうれしい悲鳴に変わりました。

さあ、映画が始まるよー。席は全部で250席余り。最新のシネコンで音響も良いです。

SIFFF--「8シン」大好評!ーー

11/05/2010 10:47:00

10月30日 21:00

映画上映終了ー。満席の客席を横目で見ながら、韓国の人の反応を観察しました。どこで泣くんだろう?どこで笑うんだろう?ってね。お母さんの死は、涙でしたし、主人公の身の上回想シーンも涙でした。笑ったのは、サポートメンバーが留年して「俺たち留年3兄弟」って居酒屋でふざけるシーン。

今回お手伝いしてくれた、サンヒさんは「私は、アイが地下街で歌う、始まってすぐのシーンで、涙出たんです」と言ってました。

上映中2時間と長いのに、誰一人席を立つ人がいなかったーー。これがどんなことよりうれしい。終了後は、拍手だったです。

SIFFF--監督、質問に答えるーー

11/05/2010 10:49:21

10月30日 21:00~21:50

DSCF5690映画の後は、監督への質問タイム。

「今主人公のアイって歌手はどうしてますか?」

「この題材を選んだ理由は?」

「映画の中の歌がすごく良かった。ソウルで買えるの?」

「次回作は、韓国との共同作品で、子どもたちに感動を与えるものにして欲しい」次々に質問が出て。。みんなパワーあるよね。日本人なら、質問をーと言われても多分、手を挙げないんじゃないかな~。

質問は40分も続きました。韓国の人のあつーい気持ちに触れました。もう夜の10時ですよ。

それから、サインのお願いがいくつかあって、終わったのは10時を回ってました。

SIFFF--みんなに有難うーーー

11/05/2010 10:51:14

10月30日 

今日も遅くまでお疲れ。映画の後は、ホテルで映画関係の人たちと、今日のことやら、業界の話で盛り上がりました。

観客の質問で、「ぜひ川嶋さんのCDをソウルで買えるようにしてー」との声があがりました。50代くらいの女性です。「なんで今日持ってこなかったの」って。叱られた^^^。

「8月のシンフォニー」が次にまたソウルで上映されるように、がんばりますね。あわせて、川嶋あいさんのコンサートなんか開くことができたら、いいねー。

映画祭に招待してくれた方々、多くのプログラマーに声をかけてくださった丁社長さんやジュヒさん、ウージョンさん、たくさんの人にお世話になりました。ありがとうございます。

期間中、知人のサンヒさんと、ゲスト担当のヒョンソクくんの2人にもビデオや写真を撮ってもらって助けてもらいました。

オマケーー11月1日の上映も平日の昼にも関わらず、7割チケットが売れたそうです。いけるじゃん。。

DSCF5676

SIFFFーーグランプリはーー

11/05/2010 10:54:37

ソウル国際ファミリー映画祭、コンペティションはどうなったかしら?と思っていたら、ヒョンソク君からメールで連絡が。

「8月のシンフォニー」は招待作品なので、コンペとは関係ないから、ドキドキしませんね。

グランプリは、フランス、ロマン・グーピル監督の、「Hands Up(手をあげろ)」ーーチェチェンの移民家族の物語。

観客賞に日本、原恵一監督の「カラフル」ーー10月31日の上映日、映画館へ行ってみたら、チケット残り少ないって言ってました。人気でした。

が選ばれたそうです。

オメデトウ!

「8月のシンフォニー」韓国初上映!

11/05/2010 20:52:55

縁あって、ソウル国際ファミリー映画祭で、「8月のシンフォニー」が上映できました。韓国初上映!です。やったねって。

結果、劇場が満席になるほど、チケットを買ってもらえたこと、感動したーと言ってもらったこと、これって、成功じゃないですか?

上映日、奥さんと共にわざわざ劇場に来てくださった、知り合いのお医者さんから、こんなメールが・・・。

「両国の人達が良い映画をみて感じるのは同じですね。涙が出て困りました。ありがとうございました。」

このメールに感動しちゃった私です。

韓国初上映バンザーイ